安眠

すっぽんに含まれるロイシンの働き

アミノ酸は体内では作る事が出来ず、食べ物で取り入れる事で初めて補う事が出来ます。
必須アミノ酸を含む数種類のアミノ酸を一度に取り入れる事が出来るのが「すっぽん」です。
高級食材として知られるすっぽんには、非常に多くの必須アミノ酸が含まれています。
その利用その一つが、ロイシンhttp://www.indianlawandordercommission.com/leucine.htmlという成分です。
このロイシンは一体どのような働きがあるのでしょうか。

ロイシンはバランスよく働く分岐鎖アミノ酸の一種です。
このロイシンは肝臓の機能を向上させてくれる働きがあります。
肝臓はアルコールといった有害な物質を分解し、身体に必要な栄養を生成し蓄積する機能があります。
肝臓に負担がかかると身体の疲労感に繋がってしまいます。
ロイシンを常に取り入れる事で、肝臓の動きを向上させ身体全体の疲労回復を早める作用があります。

また、ロイシンは筋肉を作る働きを持っており、筋肉の持続性や瞬発力を高める効能があると言われています。
これは、筋肉の成長に欠かせない「BCAA」と呼ばれるアミノ酸http://www.rtvvijesti.com/takusannaminosann.htmlによるもので、ブドウ糖を筋肉細胞へ取り込む際のサポートをしています。

それだけではなくロイシンにはインスリンの分泌量を増やす働きがあるのです。
ロイシンが不足するとグリコーゲンという物質の合成ができにくくなります。
グリコーゲンは膵臓から分泌されるインスリンが働くことでブドウ糖合成によりつくられるのがグリコーゲンです。
つまりロイシンが不足するとグリコーゲンも減り、更にインスリンの分泌が少なくなってしまうという悪循環です。
インスリンが不足すると倦怠感や、やる気の低下につながります。
更に血糖値が上がってしまう事で糖尿病や腎臓の機能障害が生じてしまいます。

その他にも、イライラを緩和したり、さらには育毛作用も期待できると言われているなど、ロイシンは体の健やかな成長を促してくれる大切な成分です。

食事から摂取する場合には、牛肉や魚、大豆、乳製品などに含まれているため、これらを積極的に食べると良いでしょう。
ただし、ロイシンは分岐鎖アミノ酸である為、ロイシン以外のアミノ酸とバランスよく取り入れる必要があります。
すっぽんのロイシンは全てのアミノ酸が摂取できるようになっているので安心して取り入れる事ができますね。